So-net無料ブログ作成
検索選択

キマイラの私的日常

あなたは普段生活していて何か多くの人に伝えたい衝動にかられることってないですか?
 

非正規労働者の待遇を改善で賞与支給?あっ選挙ですか(笑)




普段あまりこのブログでは政治に関する話題はとりあげませんが、人事畑の仕事をかなりやってきた私にとって先日からニュースで話題になっている「非正規労働者の待遇を改善」する動きについてかなり違和感をおぼえています。



非正規社員の方々の待遇を良くするということを大々的に掲げて政府内で指針をまとめたそうですが、その内容を見ると実現出来るのかはなはだ疑問に思うことが多々ありました。



今回はその点について少し書かせていただきます。







スポンサードリンク








非正規労働者に賞与や様々な手当を支給するという指針について




今回政府が示した非正規労働者と正社員との格差是正案にはいくつかの項目がありますが私はその中で一つ気になる点がありました。



同一労働同一賃金というのは分かりますが、今回示されたガイドラインをすべて実現したとすると、人材派遣業というビジネスが成り立つのか?私はそういった疑問をもたざるをえませんでした。



同じ仕事をしてる正社員にボーナスを出して派遣社員にはボーナス出さないのはダメだというのは、言葉では分かりますがこれ現状のままでボーナスを派遣社員の方に出していたらとてもじゃないですが派遣会社は成り立っていかないのではないかと思います。



なので今回のガイドラインを実現するためには賞与はもちろん役職手当や地域手当などを支給するために派遣会社はクライアントである派遣先にその分の派遣料金の上乗せを求めないといけないのではないでしょうか?



■同一労働同一賃金ガイドライン案

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000008-mai-soci.view-000



そうなると非正規労働者を受け入れている企業にとっての最大のメリット「人件費の抑制」が、かなりなくなってしまうことになるのではないでしょうか?



結果、派遣先企業は非正規労働者の受け入れを抑制することになり派遣労働者の職がなくなる可能性も出てくるのではないかと私は思ってしまいます。



今回ガイドラインを決めた政府のメンバーの方々って失礼ですが人材派遣ビジネスやアウトソーシングに関する内情についてご存知なのでしょうか?



ガイドラインの内容を見ても言葉では派遣先に対するもののように受け取れるのですが、実際給与や賞与、手当を出すのは派遣元の派遣会社になる・・・・っていうことを分かってないような気がしてなりません。




スポンサードリンク









賢明な諸氏は今回のガイドライン案を政府与党の点数稼ぎ、選挙対策だと早々に見抜いているご様子w




 


私が今回の同一労働同一賃金のガイドラインに関するニュースを見て「こんなの実現できるわけないだろう!」と頭に血がのぼって突っ込んでいたら、ネットでは賢明な諸氏が今回の件について次のような見解を次々と出されていました。w



「単なる選挙対策にすぎない」


「あれ?やっぱり年明けに選挙やるのかな?」


「安倍さんアベノミクス上手くいかないんで他のことで点数稼ぎしてるの目立つような・・・」



そんな声を目にして私は「あっ!そうか!wwww」全く人騒がせなニュースだなと溜飲が下がった次第です。




そういえば、先月だったか歌手のASKA容疑者が逮捕された時も、国会では「年金法案」が通過しててテレビでは「ASKA逮捕」報道で一色で、完全に国民を「年金法案」から目をそらせるためのものだろうと勘ぐる方がネット上といわず、私の周りでも大勢の方が指摘されていました。



このときのこと冷静に時系列順に振り返ってみると、多くの方が指摘されているようにあまりにもASKA容疑者の逮捕がタイミング良すぎるように見えてしまいます。



で結果、ASKA容疑者は不起訴という前代未聞というかありえない結果に先日なったのはみなさんすでにご承知のとおりです。



下衆の勘繰りかもしれませんが・・・来年やはり年明けそうそう選挙があるのでしょうか?








スポンサードリンク





共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。